ともふみブログ

現役スニーカー販売員が様々なモノを語る!

販売員が販売員のうざい理由を解説!!!

こんにちは!ともふみです!

今回は過去にゴルフショップで働いて、現在はスニーカショップで働いている私が、販売員に対して「うざい!」と思う理由を解説!

f:id:reborn-change:20210526181632j:plain


 

販売員は何をするべきなのか

早速とんでもない問題に切り込みますが、私たちのようなモノを販売する人たちは何をすべきなのだろうか。

 

私自身もそうですが、正直お店に言ってスタッフに話しかけられて接客されるのって嫌いなんですよね。

もちろんそれが販売員の仕事ですし、私も仕事なのでやります。

 

実際は10人いたら7人ぐらいは良い顔をしないし、2人ぐらいは話をしてくれるけど、あとの1人は無視です。

 

だいたい呼んでも聞いてもないのに「試着できますので〜」とか言ってきますけど、「そりゃそうやろ」と思ってしまうわけですよ。

それで「この服は〜」とか「この靴は〜」とか聞いてもないのに説明してくる人もいますよね。

 

この時に思います。

 

「うぜぇ。」

「要があったらこっちから聞くわ!」

 

結局うんざりして「また来ます」とか「ちょっと一周回ってきます」とか「考えます」とか言って逃げちゃうんですよね。

 

あくまで個人の感想ですが。。。

 

ではそもそも「販売員」とは何をするべきなのか。

 

一円でも払わせたい販売員 VS 一円でも安く買いたいお客さん

私が働いている会社でもそうですが、売り上げ予算というものが設定されています。

年間の予算があって、月の予算があって、さらに日割りの予算が組まれています。

 

営業で言うところの「ノルマ」みたいなものだと思いますが、要は目標ですね。

この目標を達成しないと当然ですが、上司に怒られて給料も上がりません。

 

だから当たり前ですけど、販売員は頑張るわけです。

この目標を達成してお給料を多くもらう為に、上司に評価される為に頑張ります。

 

だから販売員の多くは、利益を最大化することを目的にしています。

 

しかし一般消費者はよっぽどのお金持ちではない限り、出来るだけ安く出来るだけ良いものを買いたいと思います。

だからセール時期に買い物をしたり、コスパの良い商品をリサーチしたり、最近ではリセールバリューまで調べて買い物をする人も増えています。

 

ここに

「一円でも払わせたい販売員 VS 一円でも安く買いたいお客さん」

という対立関係が発生してしまいます。

 

喜んでもらう事への対価

ビジネスの基本構造は「喜んでもらった先に対価を得る」ことだと思います。

 

私たちが何にお金を払っているかと言うと、商品を買って使った時の高揚感や利便性に、素敵な料理を食べて満足した時に、つまり「喜び」にお金を払っていますよね。

 

素材や食材にお金を払っているという認識の人は少ないと思います。

 

考えれば非常にシンプルですが、この「喜び」に対して「対価」が支払われるのが基本構造であることは間違いないでしょう。

 

しかし多くの販売員は「喜び」の部分を忘れてしまっている方が多いように感じます。

 

販売員の経験がある方はわかると思いますが、相手にどういう商品を勧めてどういう言葉を伝えれば喜ばれるか、というのは非常に難しい話。

 

難しいので当然わかりやすい指標を求めます。

そこで登場するのが「売り上げ」です。

 

お客さんの「喜び」の指標を「売り上げ」で見ようとします。

おそらくですけど、この考え方そのものは間違っていないでしょう。

 

しかしそれがいつの日か、「喜び」ではなくわかりやすい「売り上げ」という指標を追いかけてしまうようになります。

当然ですよね。

私たちの目標は数字で表されているのですから、組織に属する限りは避けて通れません。

組織の成長や自身の成長を「売り上げ」で見てしまうから、いつの間にかお客さんの「喜び」の存在が希薄になってしまいます。

 

だからお客さんが求めてもいないのに「これもオススメ」とか「こっちも似合いますよ」とか言って一円でも多く利益を上げようとするのです。

 

 

販売員の仕事とは?

販売員の仕事って「いかに賢く物を買ってもらえるか」だと思うんですよね。

お客さんの多くは何かしらの悩みを持って来店します。

「もっとオシャレになりたい」とか「疲れにくい靴が欲しい」とか「母親に渡すプレゼントを選びたい」など。

 

この悩みを解決した先に「喜び」が発生します。そしてその「喜び」の先に対価が支払われるんだと思います。

 

物を売ることが仕事ではない、「喜び」を与える為に「物」を使っているだけです。

これが「サービス」であったり「食」であったり手段は様々。

 

しかし根幹的な「喜び」を与えるということはビジネスにおいて普遍だと思います。

 

多くの販売員はこの「喜び」のバロメーターを数字に見出し、この数字を追いかけることによって「喜び」を与えるという行為を蔑ろにしてしまうのです。

 

当然ですよね。上司から数字を叩きつけられ、昨対比を見せられ、予算を設定され。

こうなったら数字を追いかけるしかなくなります。

その結果、多くの販売員たちは利益を追求します。

 

だから聞いてもないのに「これが〜」とか「オススメで〜」とか言ってくるわけですよ。

だから「うざい」んですよ。

 

するとお客さんとの間に対立構造が生まれる、結果数字も伸びなくなるという悪循環に陥ります。

 

根本的な解決策は「喜び」にあると私は思います。

 

私も気をつけないとなぁ・・・。